しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キケロ
「禁じられていないというのは、許されているという事ではない」マルクス トゥッリウス キケロ

キケロ - もうひとつのローマ史 キケロ - もうひとつのローマ史
アントニー エヴァリット (2006/12)
白水社
この商品の詳細を見る
キケロー弁論集 キケロー弁論集
キケロー、小川 正広 他 (2005/08)
岩波書店
この商品の詳細を見る

「何故人を殺してはいけないのですか?」「法律で決まっているから」
法律やルールで禁じられていなければ何をやってもいい、とばかりに平気で他人に迷惑をかける人がいて、そのせいで新たな法律が出来ていく…といった感じでモラルの法律化が進んでいるように思う。
社会の中で生きるなら、何故法律やモラルがその社会にあるのかという事を考えるべきだろう。
但し、最終的には法律やモラルに依存せずに自分自身の行動を律する哲学を自分自身が持つべきだと思う。
…まぁ世の中には時代遅れの法律や為政者に都合のいいルールがあるのも事実ですが。


 

マルクス・トゥッリウス・キケロ 前106~前43

マルクス・トゥッリウス・キケロは、古代ローマの政治家、文筆家、哲学者。

キケロはカエサルと並ぶラテン語散文の名手であり、その完成者といわれる。彼の著作は多岐にわたり、演説や書簡でも知られている。彼の文学者としての評価および政治思想家としての評価は定まっており、今日でも注目を浴び続けている。しかし、政治家としてはいくつかの欠点があり、その政治行動と業績については評価が分かれる。

Wikipedia」より



この記事に対するコメント

私の場合
「禁じられているということは、許されていないというわけではない」
なんて考えてしまいそうです。
ルールも哲学も、生きていくための道具、といった塩梅で。
意味も分からずにルールだから、
と遵守を強いる人が、実に多い気がします。
【2007/03/25 01:46】 URL | 晴眠雨読 #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/99-87188758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。