しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤沢 武夫
「1、八十歳までに死ぬ
2、自分の寝床で(自宅の畳で)死ぬ
3、病気になっても病院に入院させるな
4、手術はするな
5、下の世話にはならない」
藤沢 武夫

本田宗一郎の真実 - 神話になった男の知られざる生涯 本田宗一郎の真実 - 神話になった男の知られざる生涯
軍司 貞則 (1995/01)
講談社
この商品の詳細を見る
経営に終わりはない 経営に終わりはない
藤沢 武夫 (1998/07)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

上掲「本田宗一郎の真実」によると、副社長として本田宗一郎氏と共にホンダを創り上げた藤沢氏が晩年に周囲に言っていた言葉。
藤沢氏の最期は急性心筋梗塞で倒れ手術が必要と医者(義理の息子)に告げられた藤沢夫人がそれを拒否して亡くなった、という。
自分の生き方について覚悟を決められる人だったからこそ、あれほどの仕事を成し遂げられたのだろう。

…私がこのような境地に至れるのはいつの日だろうか。


 

藤沢 武夫 (ふじさわ たけお) 1910~1988

1910年東京都小石川区に生まれる。旧制京華中学校を卒業後、1934年から「三ツ輪商会」という鋼材小売店に勤める。1939年には独立して「日本機工研究所」を設立。しかし戦争が激化したため同社をたたみ福島県に疎開する。戦争終結後も福島にとどまり製材業を営む。

1949年8月に本田宗一郎と出会い、同年10月には製材業を引き払い上京、ホンダの常務に就任。以後東京営業所の開設を皮切りに、ホンダの財務並びに販売を一手に取り仕切るようになる。1952年には専務、1964年には副社長に昇格。この時代、実質的には藤沢がホンダのCEO、本田がCTOを務めていたと評する人も多い。ちなみに1954年に発表された本田の「マン島T.T.レース出場宣言」は藤沢の手によるもの。

Wikipedia」より



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/97-daaf91fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。