しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山本敏晴

「相手が自分と異なっていることを、『この人は間違っている』と思うところに全ての問題があるのではないでしょうか?」     山本敏晴


世界で一番いのちの短い国―シエラレオネの国境なき医師団 アフガニスタンに住む彼女からあなたへ―望まれる国際協力の形 あなたのたいせつなものはなんですか?―カンボジアより シエラレオネ―5歳まで生きられない子どもたち 彼女の夢みたアフガニスタン



      残念だけど相手のことを完全に理解するのは不可能だと思う。
      だからこそ少しでも理解しようと努力することが大切なのだろう…

    

山本敏晴   1965年~
宮城県仙台市出身。医師・医学博士・写真家。12歳の時、南アフリカ共和国の人種差別問題を目の当たりにして以来、70カ国以上に及ぶ国々を訪問、様々な国際協力団体に所属し、医師として写真家として活動している。2003年、自らの団体、「世界共通の教科書を作る会」を創設。2004年団体名を「宇宙船地球号Earth the Spaceship(ETS)」に変更。「本当に意味のある国際協力」を常に求め続け自ら最前線でそれを実行している。 「BOOK著者紹介情報」より






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/80-b388e1c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。