しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィルヘルム1世

「朕には疲労している時間がない」

ウィルヘルム1世


ビスマルク - 生粋のプロイセン人・帝国創建の父 ドイツ帝国の興亡 - ビスマルクからヒトラーへ ドイツ統一戦争 - ビスマルクとモルトケ (1979年) (教育社歴史新書 - 西洋史〈A2〉)

まぁドイツ統一を成し遂げるという凄い事をやった人ですから、激動の人生だったと思います。
改めて、皇帝といえども楽じゃないという事ですね。



 

ヴィルヘルム1世 (ドイツ皇帝) (Wilhelm I) 1797~1888

第7代プロイセン王(在位:1861年1月2日 - 1888年3月9日)、1871年よりドイツ初代皇帝(在位:1871年1月18日 - 1888年3月9日)。
剛直な武断派で、自由主義者を弾圧して「榴弾王子」と呼ばれたが、即位後はビスマルクを宰相として、穏健な保守派と協力しつつ上からのドイツ統一を達成した。

ドイツ統一を成し遂げたヴィルヘルム1世の人気は不動のものとなり、民族的英雄バルバロッサ(赤髭王)になぞらえて「バルバブランサ」(白髭王)と呼ばれるほどだった。
Wikipedia」より


Wilhelm I, German Emperor

Wilhelm I, also known as Wilhelm the Great[1] (William Frederick Louis, German: Wilhelm Friedrich Ludwig) (March 22, 1797 - March 9, 1888) of the House of Hohenzollern was the King of Prussia (January 2, 1861 - March 9, 1888) and the first German Emperor (18 January 1871 - March 9, 1888).

In the aftermath of the Franco-Prussian War Wilhelm was proclaimed German Emperor on January 18, 1871 in Versailles Palace.

In his memoirs, Bismarck describes Wilhelm as an old-fashioned, courteous, infallibly polite gentleman and a genuine Prussian officer, whose good common sense was occasionally undermined by "female influences".

From Wikipedia(en)


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/164-ac8e01ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。