しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャールズ ディケンズ

「年収20ポンドで、支出が19ポンド96シリングなら、結果は幸福。」

チャールズ ディケンズ


クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫) 二都物語 (上巻) (新潮文庫) デイヴィッド・コパフィールド〈1〉 (岩波文庫)

「年収20ポンドで、支出が20ポンドと6シリングだと、結果は不幸。」
と続くこの言葉。

単純だけど、真理を突いてますよね。

でもこの単純なことを忘れてついお金を使っちゃうのが人間ですから、気をつけましょう…。



 

チャールズ・ディケンズ (Charles John Huffam Dickens) 1812~1870

イギリスのヴィクトリア朝を代表する小説家。
主に下層階級を主人公とし、弱者の視点で社会を諷刺した作品群を発表した。その登場人物は広く親しまれており、イギリスの国民作家とされる。作品は『オリバー・ツイスト』『クリスマス・キャロル』『デイヴィッド・コパフィールド』『二都物語』『大いなる遺産』など。
幼少時の貧乏の経験からおのずと労働者階級に同情を寄せ、時に感傷が過度になることもあるが、常に楽天主義と理想主義に支えられ、ことに初期の作品には暖かいユーモアとペーソスが漂っている。
Wikipedia」より



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/156-4d585b0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。