しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘンリー フォード

「少食と運動と空気、これがぼくの健康のカギだ」

ヘンリー フォード


 文庫 - ヘンリー・フォード 著
Amazonで詳細を見る    by BetsuRev

少食と運動はともかく、空気って…あんたが言うか(苦笑)


関連:ヘンリー・フォード 「あわてるとなに一ついいことがない。」
関連:エジソン 「天才とは1%のインスピレーション(霊感)と…

ヘンリー・フォード (Henry Ford) 1863~1947

アメリカ合衆国出身の企業家、自動車会社フォード・モーターの創設者。
工業製品の製造における大量生産の方式を開発し、自動車が大衆に普及させるのに多大な貢献をなした。

カール・ベンツが自動車の産みの親であるなら、自動車の育ての親はヘンリー・フォードとなる。

1891にはエジソン照明会社の技術者となり、1893年にはチーフ・エンジニアに昇進した。これによって、フォードは内燃機関の個人的な実験に、十分な時間と金銭を費やすことが出来るようになった。幾多の実験の末、1896年7月4日、フォードははじめての自作4輪自動車の製作に成功し、試運転を行った。この年、ヘンリーはパーティ会場で尊敬するエジソンに初めて会い自分の自動車への夢を熱く語り、エジソンはそんなヘンリーを励ましたという。

Wikipediaより


Henry Ford

Henry Ford was a pioneer of "welfare capitalism" designed to improve the lot of his workers and especially to reduce the heavy turnover that had many departments hiring 300 men per year to fill 100 slots. Efficiency meant hiring and keeping the best workers. On January 5, 1914, Ford announced his five-dollar per day program. The revolutionary program called for a reduction in length of the workday from 9 to 8 hours, a 5 day work week, and a raise in minimum daily pay from $2.34 to $5 for qualifying workers.
Wikipedia(en)より


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/149-ab02e813
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。