しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太宰 治

「文章の中の、ここの個所は切り捨てたらよいものか、それともこのままのほうがよいものか、途方にくれた場合には、かならずその個所を切り捨てなければいけない。いわんや、その個所になにか書き加えるなど、もってのほかというべきであろう」

太宰 治


人間失格 走れメロス 斜陽 晩年 ピカレスク - 太宰治伝


文章は長ければかえって意味が分かりづらかったり、短いと情報量が少なすぎたり…。
それと、自分が迷った時にどうするかっていう「自己ルール」みたいな事を決めておく方がいい、という事でしょうか。



太宰治 (だざい おさむ) 1909~1948

日本の小説家・作家。本名、津島 修治(つしま しゅうじ)。 学生時代から作家を希望するが、自殺未遂を繰り返す。1935年、『逆行』が第1回芥川賞候補。結婚後、『富嶽百景』『斜陽』などを書き、戦後流行作家となったが、1948年、玉川上水に入水心中。『人間失格』『グッド・バイ』などが遺された。
長編、短編共に優れていたが、「満願」等のように僅か原稿用紙数枚で、見事に書き上げる小説家としても高く評価されている。
Wikipediaより



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/146-501edca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜桃とキリスト―もう一つの太宰治伝 (文春

桜桃とキリスト―もう一つの太宰治伝 (文春文庫)・太宰治・人間失格と太宰治の関係!?・太宰治「人間失格」が売れに売れている!・太宰治・人間失格。小説をジャケ買いすること。・太宰治・太宰治の泊まった旅館、玉川旅館・太宰治様、・太宰治と拒食症・太宰治・ウエンツ 【2007/10/06 05:58】

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。