しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デュマ

「商売っていうのは、つまり手っ取り早く言えば、他人のお金の事だよ」

デュマ

椿姫

確かに商売では他人のお金を得る為にいろいろ頑張ってる訳ですが、一方で税金は勝手に入って来ると思ってる役人や政治家が多いような気がする。


アレクサンドル・デュマ・フィス (Alexandre Dumas fils) 1824~1895

フランスの劇作家、小説家。父(大デュマ)と区別するために「小デュマ」、またはフィス(息子)を付けて呼ばれる。小さな世界をシットリと描くのが作風である。
同名の父アレクサンドル・デュマと縫製工の母マリー・カテリーヌ・バベの私生児として生まれた。若い頃は父親の金で遊びほうけたものの1844年暮れ、20才のときに7人もの大金持ちのパトロンをもつ高級娼婦、マリー・デュプレシと出会い恋に落ちた。彼女はまもなく病死するが1848年2月、24歳のデュマ・フィスは、マリーとの思い出を代表作となった小説椿姫として書き上げ、出版した。1849年、すすめに従い1週間で戯曲版を書き上げ翌年上演され大成功した。この初演以降、パリの演劇界で絶大な影響力を持ち、経済、文学両面でも大成功を収めアカデミー・フランセーズ入りも果たした。
Wikipedia」より



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/115-350044a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。