しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンカーン

「男は40歳を過ぎたら、顔に責任を持っている」

リンカーン

戦争指揮官リンカーン - アメリカ大統領の戦争

これ、「男は」じゃなくて「人は」にしようかと思ったんですが、一応原文では
After a man reaches forty, he is responsible for his face.
となってるので「男は」にしました。まぁ女性は化粧しますしね…最近は男性でする人もいますが。
この言葉、実際その人の生き方みたいなのが顔に刻まれていくって感じで的を射てると思います。
それにしても犯罪者の手配写真って何であんなに犯罪者っぽい顔なんでしょうか?

関連:リンカーン 「世に卑しい職業はなく、卑しい人が…
 

エイブラハム・リンカーン (Abraham Lincoln) 1809~1865

エイブラハム・リンカーン(Abraham Lincoln, 1809年2月12日 - 1865年4月15日)は、第16代アメリカ合衆国大統領。初の共和党所属大統領。しばしばエイブ (abe) の愛称で呼ばれ、オネスト・エイブ (Honest Abe)、レール・スプリッター (the Rail Splitter)、偉大な解放者(the Great Emancipator)、奴隷解放の父と呼ばれた。 リンカーンは奴隷制の拡張に反対し、彼の大統領就任はアメリカ合衆国を二分し、南北戦争に結びついた。戦争中に彼はアメリカ史上その前任大統領に比べ最も多くの権力を手にした。リンカーンはその非常大権によって封鎖を宣言し、人身保護令状を保留し、議会の認可無く支出を行い、個人的に戦争を指揮し、それは北部連邦を南部連合に対する勝利へ導いた。近年は原語の発音に近いリンカンの音訳も散見される。
Wikipedia」より


 

Abraham Lincoln 1809~1865

Lincoln's leadership qualities were evident in his close supervision of the victorious war effort, especially his successful selection of Ulysses S. Grant and other top generals. Historians conclude he brilliantly handled the factions of the Republican Party by bringing the leaders into his cabinet and forcing them to cooperate. In crisis management, he defused a war scare with Britain (1861), he outmaneuvered the Confederacy and took control of the border slave states in 1861-62, and he managed his own landslide reelection in the 1864 presidential election. Antiwar Copperheads criticized him for refusing to compromise on slavery. On the other hand, Radical Republicans, a strongly Abolitionist faction of the Republican Party, criticized him for moving too slowly in abolishing slavery. Lincoln rallied public opinion through the powerful rhetoric of his messages and speeches; his Gettysburg Address is remembered as the prime example. At the close of the war, Lincoln took a moderate view of Reconstruction, seeking to speedily re-unite the nation through a policy of generous reconciliation. Lincoln's assassination in 1865 made him a martyr for the ideal of national unity.
Wikipedia(en)」より


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/114-bb1893c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。