しるべ

名言や格言を、関連する本等とともに紹介します。 …なるべく1月1言以上更新。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長嶋 茂雄
「打球に執念がこもっている場合は、たとえ凡打でも石っころをはじくくらいの勢いというものがある」長嶋茂雄

豪打列伝 豪打列伝
スポーツグラフィック・ナンバー (1986/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る
いわゆるひとつの長嶋茂雄語録 いわゆるひとつの長嶋茂雄語録
藤本 義一 (2001/03)
早稲田出版
この商品の詳細を見る

上掲「豪打列伝」より。
他の長嶋氏の発言の中にも、この「執念」という単語がよく使われている。
長嶋氏を天才たらしめているのは、誰よりも強い「執念」をもっていたからではないか。


 

長嶋 茂雄 (ながしま しげお)1936~

燃える男、ミスタープロ野球、ミスタージャイアンツ、チャンスに強いバッティング(天覧試合サヨナラホームラン他)さわやかなイメージで日本プロ野球史上最高の人気を博した。
立教時代、神宮で当時としては大記録の8ホームランを放ちゴールデンルーキーとして巨人に入団、デビュー戦VS金田に4連続三振を帰したが、徐々に力をだし新人王、ホームラン王、打点王を獲得。近代野球の旗手といわれ、スター街道をあゆみ17年間の現役中にリーグ優勝13回、日本一10回に輝いた。

日本プロ野球名球会」より



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mshirube.blog22.fc2.com/tb.php/101-eba14a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

管理人

michi

Author:michi

ランダムカタログ

ランダムカタログ

べつれぶ

最新の記事

ワードジャンクション

by WordsJunction

ブログ検索

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

リンク

べつれぶ検索

最近のコメント

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。